2012-11-05

ISUCON2に参加してきました

参加してきました。

全体的なお話は #isucon2 参加者・関連エントリまとめ から。

チーム「アルコールの足らない人たち」です。
本当は「アルコールが足りない人たち」だったはずなんですが、リーダーのうっかりミスによってチーム名が予定と違って、出鼻をくじかれました。
まあスコアには全く関係ありませんが。

チームそのものは @gaooh, @froncool, @iszk という、昔同僚だったメンバーで組みました。

事前予測として、前回はひたすらキャッシュしたところが勝ちだったので、今回はキャッシュしにくいやつがくるんじゃないかなーと思っており、お題を見て「ほらやっぱり!」って思ってしまったのが敗因その1。

結局上位チームはがんがんキャッシュをさせる方向で行っていたのですが、我々はキャッシュできないんだからアプリケーション高速化しようぜ、と言う方向でがんばってしまいました。

また、とりあえずPerlとRubyでベンチを取ってみて、PerlがRubyの2倍強のスコアだったんですが、アプリケーション高速化なのにRubyを選択。これが敗因2ですね。
いや別にRubyがダメとか言うつもりはこれぽっちもないんですが、PerlとRubyなだけで2倍もスコアが違う訳がないので、乗ってるフレームワークとか、DBのドライバとか、そういう、言語直接じゃないところを入れ替えるだけでPerlと同じくらいのスコアまで上がるはずだし、それをやらなければいけなかったのに、その辺をやらなかったと言うのが、ダメダメでした。

最終的には、それでもだいぶアプリケーションをがんばって、当初の2倍くらい捌けるようになったんですが…要するにPerlの初期状態とほぼ同じスコアだよねこれ…と。

一応完走しました。が。

反省点が多すぎてどうしようもない感じですが、得意言語が3人でバラバラ、だけど3人ともアプリケーション寄り、なので3人のうち2人は不得意分野を担当せざるを得ない、と言うところはなんとかしたいです。

fujiwara組のみなさん、おめでとうございます。
そして、運営のみなさま、参加者の皆様、ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿